腰痛・ぎっくり腰

腰痛とは?

 腰痛といっても症状・原因は様々です。筋肉から骨から神経の痛みなど、人によって異なります。患者様のなかには整形外科で腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症すべり症腰椎分離症圧迫骨折(いつの間にか骨折)』と診断された方もいらっしゃると思います。しかしほとんどの腰痛が筋肉の痛みで、生活習慣や日常動作が原因の事が多いです。木津川市のこまの鍼灸整骨院の腰痛施術は1人ひとりの生活に合わせた治療を行っていきます。腰痛は放っておくと重大な病気やケガの可能性があります。腰に悩みがある方は悩まれずに、当院までお問い合わせ・ご相談ください

ずっと治らない方・・・

 整形外科や接骨院・整骨院に通院しているが治らない変わらない方は、治療方法が間違っている可能性があります。変わらないまま放っておくと手遅れになることもあり、手術しか方法がなくなることもあります。整形外科や整骨院・接骨院ではなく”もみほぐし”に行かれている方は危険です。ほとんどの施術者が無資格者なため、医療知識がない者が体を触るのは大変危険です。

こまの鍼灸整骨院のアプローチ

 木津川市のこまの鍼灸整骨院では、様々な観点から腰痛を根本的治療を行います。
 ・電気治療手技運動療法はりきゅうけん引機治療生活指導
当院の手技療法は医療国家資格のあるスペシャリストが施術をさせていただきます。他で治らなかった方は一度ご相談ください。

 

腰痛のQ&A 教えて!こまの先生!!

Q 急に腰が痛く(ぎっくり腰)なったらどうしたらいいの?

 A.まずは安静が第一です。無理に動かすと悪化することもありますので、早めの受診をお勧めします。動けない場合は往診もしておりますので、まずはお問い合わせいただくか、ご来院下さい。

 

Q 腰痛は冷やした方がいい?温めた方がいい?

 A.痛めた直後やスポーツや重労働で腰を酷使した方を除き、慢性的な腰痛であれば温めて問題ありません。稀に温めて痛みが強くなることがあります。その場合は温めることは避けましょう。一番分かりやすいのは、患部が赤くなったり、腫れていたり、熱を持ったりする場合は冷やしてあげましょう。それ以外は温めて大丈夫です。

 

Q 冷湿布と温湿布はどっちを貼ればいい?

 A.どちらでも結構です。冷湿布と温湿布は『冷たく・温かく』感じる成分が入っているので、そう感じるだけです。なので貼りたい方を貼っていただいて結構です。稀にかぶれてしまう方もいらっしゃいますので、その時はすぐに剥してください。

 

Q 腰痛の時はストレッチや筋トレはした方がいいの?

 A.痛めている時は、基本的には安静です。ただ慢性的な重だるいような症状では、ある程度行った方が良い場合があります。しかし、腰には重大なケガの場合もあり鑑別すのは難しいです。当院に来院していただくか、まずはお問い合わせください。ストレッチや筋トレの仕方を指導させて頂きます。

 

Q コルセットはした方がいい?

 A痛みがある場合は装着しておいた方がいいでしょう。当院にもコルセットをご用意しております。つけ方やつける位置によっては効能が半減してしまいます。当院ではつけ方やつけるタイミングをお教えいたします。

 

Q 楽な姿勢はありますか?

 Aはい。ございます。しかし腰の症状は人によって異なります。立っている時、座っている時、寝ている時によって姿勢が変わりますので、一度ご相談ください。

 

Q 腰痛とは違い内科的疾患では?

 A.腰痛だと思い放っておいて、実際にガンだった人は多いです。不安な方は、専門家の受診をお勧めします。

 

Q 痛み止めのお薬は飲んだ方がいい?

 A.お薬を飲むと痛みが楽になるため、ムリをしてしまい悪化することがあります。私は根本的治療をお勧めします。

 

Q 腰痛に詳しい先生はいますか?

 A.はい。木津川市のこまの鍼灸整骨院では医療国家資格を持った腰痛のスペシャリストがいます。安心してお任せ下さい。