吸い玉(カッピング)

カッピングはいわゆる「吸い玉」を用いた陰圧をかけて血流を促すとされる中国が源流の治療法です。
局所の血流を促進することで、疼痛を和らげます。

皮膚には外界から体内をまもる保護作用、体温を調整する働き、不要なものを排泄する役目などがあります。

この皮膚にカップを吸いつけ、二酸化炭素を体外に排出して新鮮な酸素を取り込みやすい状態をつくるのが、吸い玉療法です。

近年ではスポーツ選手や海外セレブなどでも吸い玉の治療跡を目にすることが増えて来ています!!

吸い玉をすると必ず赤い跡(色素反応)が出る?

吸い玉をすると普通は皮膚に赤黒い色が現れますが、これは皮膚表面の近くに集められた赤血球の色です。

実際には、赤血球だけでなく、他の血液成分や血管、細胞、細胞間にあるものなどが膨らみ、皮膚表面まで押し上げられています
その結果、カップを外すと一時的に膨らんだ血管内に血流が甦り、血流改善をはじめとした細胞の活性化につながります。
新たな血液の循環は、新鮮な酸素と栄養素を運び込み、不要な炭酸ガス老廃物回収してくれます。
吸い玉治療でカップを外した後に皮膚が赤くなっているのは、体の自然な反応です。
初めて吸い玉をされる方は、治療による色素反応に抵抗がある方が多いですが、この色はいつまでも残るわけではありません
普通は4日〜7日程度で消えますし、この反応を出すことが治療にもなっています。


また、吸い玉治療を繰り返して健康になってくると、自然に薄い健康色のピンク色になり色は出なくなります。

色がでるのは不健康な証拠ですか?

東洋医学には瘀血(おけつ)という考え方があり、色素反応が出るところには、この瘀血(おけつ)があると考えられています。
瘀血(おけつ)というのは、体の一部にとどまって動かない異常血液の意味で、この瘀血(おけつ)があらゆる病気の原因と考えています。

ただ、血液や血液循環の障害には、さまざまな状態があります。血液循環のとどこおりと言っても、詰まっている状態もあれば、血流が失われているような状態もあります。
また排泄されずに滞っている疲労物質や、不要物質の種類や程度も違います。そのため、吸い玉によって現れる色の具合も人により場所により様々です。色の濃淡だけなく、ムラになったり、あるいは固くなったり、水疱(水ぶくれ)が現れることもあります。

吸い玉治療は「治療であると同時に体調の確認もしている」ということです。

色素反応は血液や血液循環の様子と反映していますから、体の状態を知ることが可能です。

実際に吸い玉療法をおこなうと、真っ黒な反応が出るということはありません。
同じ強さ、同じ時間の吸着をしても反応の現れ方が様々で、良くない色素反応は、病気とかかわりある場所にしか現れません。悪い色素反応が現れた場所には、病気の元があると考えられるのです。

血流がとどこおると体内の環境は悪化してしまいます。
この瘀血(おけつ)が血液自体や周辺細胞に影響を及ぼし、体を不健康な状態へと向かわせます。

瘀血(おけつ)を常につくらないようにする。そしてまた、できてしまった瘀血(おけつ)は速やかに解消する。これが健康への基本になります。

 

木津川市で吸玉をやっている所は少ないですが、腰痛や肩こりの治療にスポーツ選手、美容・ダイエットの為に海外セレブたちの中でも流行っています。
専用の施術着に着替えて頂けますので、どんな服装でも大丈夫です。
女性スタッフも施術を行いますので、女性の方もお気軽にご来院ください。


木津川市で吸玉をするなら、こまの鍼灸整骨院までお問い合わせください。

料金

  料金(税抜)
部分箇所 1,000円
全身 2,000円